S.FACTORY
| ホーム | 更新情報・お知らせ | サービスメニュー・料金表 | 完成車紹介 | 会社案内 | お問合せ | FAQ

ボルボ V40

ウインドガラスのウロコ処理とコーティング
メッキモールの腐食処理
ドアミラーのテープ跡処理
ドアノブ部分への透明プロテクション・フィルム(お持ち込み品)

< 2021/4/5~ >

(4/5)
本日夕方からスタートです。
細部作業が多いので、塗装面はあとに行います。
まずはウインドの固着うろこの除去から始めました。

リヤウインドのステッカーも剥がしています。
フロントウインド下部の固着水垢は前回のミニカ同様な考え方です。





(4/6)
今日は朝からメッキモールの作業です。斑点状に見える腐食シミがどうしても汚らしく見えるのは確かですよね。
本来、素材はできるだけ残しておくことも意識しての処理が良いのですが、今後の保管環境も良いとのこともありましたので、良いか悪いかは置いといて、、オーナー様の意向なども加味して、、今回の作業としては、この腐食シミを全部落とす方向で進めました。 久々、修行僧のごとく両腕パンパンになりました・・

当日お見せしたアウディのメッキとは素材表面が違いますね。マットな感じですね。



ドアミラーのテープ跡の処理。これがけっこうはまりました。中華製の付属のテープもはがれないったりゃありゃしなかったです・・。



プロテクションフィルムも無事貼り込みました。ただ、きわの汚れがたまりますのはお伝えの通りです。

今日は各部オプション作業をメインに進めました。
ボディにおいては表面、凹凸などの細部作業は同時進行で進めて行きます。

(4/7)
今日はボディ面の処理です。
普通の視点では良い感じですね。ツヤも当然ありますし、きれいなパールです。ルーフ面もイヤな対処不能なウォータースポットなどもなかったです。

ですがきれいにしてゆく視点で診てゆけば、それなりに汚れていますし、酸化している汚れもまんべんなく張り付いていますし、感触もいろんな付着物でザラザラです。



淡色車のポイントは表面の鉄粉類の固着ブツの除去とパーツきわの水垢除去ですかね。
取れないのもありますが、できるだけ除去してあげればツルツルが味わえますし、磨いた表面の白さがさらに良く見えます。


(4/8)
今日は各部クリーニングなどした表面の仕上げ作業です。
コーティングが乗る部分はコーティングです。乗りずらい部分もコーティングです。乗らない部分や違う仕上げ方の方が良い部分などはシリコーンなどでの仕上げです。



グリル内のクリーニングも機械処理ができないという歯がゆいところではありますが、できる範囲はきれいにしています。
コーティングももちろん行いまして、黒さのアップと汚れが固着しずらくなるようにいたしました。

未塗装部分も専用のコート剤で仕上げています。
その他、プラスチック類、アルミホイールなどもコーティング加工で整えさせていただきました。


ホームへ

| 洗車 | 車磨き | ガラスコーティング | ポリマーコーティング | ウインドフッ素コーティング | アルミホイールコーティング | 出張クリーニング | 除菌・消臭 | 車内抗菌コーティング |
| 独車メッキモール再生 | カーフィルム | ウインドリペア | 引取納車OK |

(C)Copyright by S.FACTORY 2021 All Rights Reserved.